秋薔薇の季節が始まりました。入場無料です(笑)お気軽にご来園下さい。

奇跡の蓮華

奇跡の蓮華、この夏の本当に不思議な出来事です。

令和4年8月9日、永代供養墓の所には、4鉢の蓮の花が植えてありますが、いつもお墓参りにみえる、Fさんがお越しになったので、『毎年お盆には、蓮の花が咲くのですが、今年は一つも花芽を付けていないんですよ』とお話ししました。

翌10日、ちょうど自分がいる時に、Fさんがお参りにみえたので、『Fさん、蓮の花が出現しましたよ!!』と言うと、Fさんも『昨日は何もなかったですよね!!』と驚いておられました。

蓮の花も、他の植物と同様、小さな花芽が出て、時間をかけて大きくなっていきます。

蓮は葉っぱが大きいので、葉っぱから蒸散し、水が切れると、一気に葉っぱは枯れて今います。ですから、お盆中も、蓮にだけは水を与えました。

一日で水がなくなるので、水やりに時間がかかるので、いつも、座り込んで水をやりながら、藻を取ったり、余分な葉っぱを切ったりしていますから、まさか私が、花芽を見逃すことは考えられません。

たった、一日の間に、永代供養墓の所に2本、ペット供養墓に一本、奇跡の蓮華は出現しました。

8月10日撮影

そして、お盆の15日に、永代供養墓、ペット供養墓ともに開花しました。

永代供養墓前
ペット供養墓前

18日に行われた、永代供養墓、ペット供養墓のお盆法要で、皆様に見てもらい、「ご先祖様は、24時間、365日私たちを見守ってくれています。それは、霊体としてもそうですが、私たちのDNAの中には、無始という過去からの全ての命が折りたたまれているのですから、いつも共にあるのです」「ただ、日本人はお盆を大切にしますから、ちゃんと帰ってきているよということを、私たちの目に見える形で、見せて下さったのではないでしょうか」とお話ししました。

では、この不思議な蓮華はどこから、出現したのでしょう。

答えは、あちらの世界(霊界・神秘世界)から転送されてきたと思います。

仏さまは、蓮華の上に座っておられます。

法華経には、宝の蓮華に座って、みな等しく、正しい悟りを得ることが出来ると書いてあります。

私たちも、正しい信心を続け、死後は蓮華の上に座れるように祈りましょう。

私の周りでは、時々、科学では証明出来ない不思議なことが起こるので、楽しいですし、あちらの世界からのメッセージを感じると、心から有難いと思うのです。