令和4年、永代供養墓、有期限利用の皆様の秋季彼岸会法要は、9月23日1時から『普賢堂』にて、営みます
佐々中央霊園 永代供養墓【虚空乃塔】
永代供養墓【虚空乃塔・おおぞらのとう】有期限利用墓には、
お寺が直接運営する、安心感があります

佐世保・北松でお墓・有期限利用墓・永代供養墓なら佐々中央霊園がお勧めです

永代供養墓【虚空乃塔】・有期限利用墓は、
お寺が直接運営する安心感があります

佐世保・佐々でお墓、永代供養墓、有期限利用墓なら

佐世保駅から車で20分、佐々インターから5分の好立地
アクセスの良さが、選ばれる理由です

 自分の納まる処を決めておくことが一番の終活です

お墓を決めるうえで気になるのは、清潔感や環境、施設の設備

大光寺住職の大野光法です。私は皆さんに、よく「西の果てに住んでいるので、日本の人口減少の未来が一番良く分かります」「霊園をやっているので、宗教界の未来というものを一番学ばされています」と、お話しします。

新型コロナウイルスの影響で、社会は大きく変わりました。

それは、宗教界とて例外ではなく、お葬式が家族葬中心となり大きく変容しました。
高齢少子化、子供世代の未婚率の上昇、子供世代が遠隔地に居住しているなど、葬儀や供養、お墓のあり方も、今後ますます変わっていくものと思われます。

そのような時代背景もあり、安心を求める一つの方法として、【永代供養墓】を検討される方が増えています。

さらに、佐々中央霊園が提唱している、33回忌までは家族と共にお墓に納まり、将来の墓じまい、合葬を管理者(大光寺住職)に任せるという、【有期限利用墓】が皆様から支持されていることを嬉しく感じています。

佐々中央霊園は、俗にいう「名義貸し」の霊園ではなく、100パーセント大光寺によって運営されています。

それは、間違いなくお経をあげてもらえる、供養してもらえるという安心感に繋がるのではないでしょうか?

永代供養墓、有期限利用墓のご利用者様は、大型の『過去帳型位牌』に記入され、永代に供養されるのです。

  • 宗旨・宗派は問いません。
  • 平野免の高台に位置し、佐々町の町並みを望める、公園型の霊園です。
  • 夕方には山並に沈む夕日が、夜は佐々町の夜景が望め夏の花火大会は、最高のビュースポットです。
  • 園内は67本のバラの通路、桜や桃など四季折々の花々を楽しむことが出来ます。
  • お年をめしても安心な、完全バリヤフリー設計です。貸し車いすも用意してあります。ご利用下さい。(要予約)
  • グリーンのアスファルトは、透過性舗装になっていますので、雨の日でも足元を気にすることなくお参りが出来ます。
  • 霊園内の『普賢堂』にて、日々最勝の教え『妙法蓮華経』が読誦されていますので、お経の妙音に浴することが出来ます。
  • 宗教法人による、出資、運営ですから、将来的にもお墓が使えなくなる、管理をしてもらえなくなるという心配がありません。

永代供養の注意点

近年、高齢少子化や未婚率の上昇、家族の形態の変化などに伴い永代供養を希望される方が増えています。

確かに、自分の死後、自分や先祖の祭祀をしてくれる人がいない方にとっては最善の方法であると思います。

しかし、子供に迷惑を掛けたくない、子供がお参りをしてくれるとは思えないという理由によって永代供養を希望される方まで現れています。実際お聞きしたのですが、その方の知り合いのA子さんは子供に負担を掛けないようにと檀家寺に100万円を納め永代供養を申し込んだという話を聞き、ちょっと違うのではないのかと感じました。

私は九識霊断法をもって人の悩み、苦しみを聞くことが多いので特にそう感じるのかも知れません。

御主人の病気のことで、家族でお越しになった方は、何かにすがりたい一心で奥さんがインターネットを検索し埼玉県の自称霊能者という人に連絡を取り、遠路来てもらったということでした。3ヶ月もすると全く連絡が取れなくなったというオチがついていましたが、聞きはしませんでしたがそれなりの御布施を要求されたのでしょう。

誰しも、不幸が続くと藁にもすがりたい気持ちになります。ましてやそれが、子供や孫のことだったらどうでしょう。きっと誰もが必死になるでしょう。そんな時、親や先祖は永代供養されているとはいえ、自分たちが何もしていなかったら、変な霊能者から、先祖供養が出来ていないと言われれば、思い当たる分、多額の布施を巻き上げられることにもなりかねません。

A子さんは、子供に負担を掛けたくないという親心で永代供養を選ばれたのでしょうが、そのことがかえって子供たちを苦しめることもあるのです。
私ならA子さんに、その100万円を子供に渡して、『出来る範囲でいいから、このお金で供養してね』と言うようにと勧めたでしょう。

ですから、安易に永代供養を選択するということはお勧め出来ません。

永代供養はオプション制

永代供養といっても、人それぞれ考えの違いがあると思います。

自分の入るお墓が無いので、納骨さえしてもらえは、後の供養は必要ないという方もあるでしょう。

勿論、永代供養墓を建立されている宗教法人は、お盆・彼岸の合同供養はされていますが、自分は個人的に親の年忌法要や、盆・彼岸の供養もしてもらいたいという方もおられます。

ですから、自分の考え方で、自分の思うやりかたで供養しもらうのが良いと思います。ですからオプション制なのです。

見晴らしの良さは抜群です
33年利用の方は、側面に刻字します
永代供養墓墓前法要
大型位牌に記入しご供養します

☎0956-62-3230

有期限利用墓とは?

お参りをしてくれる親族や、ご友人がいる間は、家族・ご夫婦・ご友人だけでお墓に入っていたい、という希望をかなえるお墓の新しい形です。

有期限利用墓の利用について

  • 有期限墓は32年間の利用が出来ますが、当初お申込みされた32年がきても、ご希望により延長することも可能です。
  • ご利用方法は、墓地使用権、墓石費、墓石撤去費用、32年分の管理費、永代供養料を一括でお支払いいただきますが、年間3000円の管理費を納め、管理費が入らなくなった時点からの利用も可能です。
  • 後をみる祭祀者がおられない方は、墓じまいの心配をされますが、墓じまいの費用まで含まれていますので、そんな心配を解消するお墓です。
  • 期限が切れた時点で、ご遺骨は、永代供養墓『虚空乃塔』に合祀され、堂内の過去帳型位牌の「虚空乃塔霊簿」に記入し永代に供養されるので安心です。
  • 有期限墓は【ロータイプ墓】【樹木墓】【ユニット墓】の3種類からお好みの墓石をお選び頂く事が出来ます。

選べる墓石は3種類から

ロータイプ墓
樹木墓
ユニット墓

☎0956-62-3230

アクセス